[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
31 118 52 17 23 66 126 114 112 37 20
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

こんな時代にバブルだなんて

 先進国どこでもパッとしない経済状態なのにニュージーランドは結構な鼻息。経済動向指標も(ASB銀行上半期)過去最高レベルで、経営陣の21%が明るい希望を持っているとか。

 人口も各国からの移民受け入れで(南アフリカ、韓国、中国、イギリス等)順調に増加していて現在390万人。なんとインドまで含むとアジア人移民合計24万人。

 当たり前だが結果 は歴然、家の数が足らなくなり、値段が上がるという本来の需要と供給に基ずくまともなミニバブルが来てるんです。 投資目的でないので新築、中古とも活発な売買がここ一年続いているのが現状。 ニュージーランド最大の都市オークランドの不動産物件それぞれご覧下さい。

部屋数がいくつとかの問題ではありません 各部屋から太平洋が見れる(約1億円)

寝室5、客室、各部屋バストイレ、テレビ室、屋外プール、ワイン畑、13ヘクタール土地付き

129ヘクタール、寝室8、メード家屋別、室内プール、テニスコート、あらあら書ききれない

 一般的な家屋からハイレベルな家屋までさまざま。見栄を張らず自分の生活基盤に適した物件を見つけるのが基本。

 住民税、固定資産税、売買税何もなしでRATES(レーツ)と言われる市町村料を払うのみ。料金の算定基準は自分の家が年間賃貸した場合の収入がいくらになるかが基準で、例えばオークランド市内から車で30分ほどの4LDK、600M2、土地付き一軒家で年間NZ$1500(8万6千円)ととても安く住める。

 いつ頃の日本のような大バブルとは程遠い小国ニュージーランドは所詮 バブル でなく バフル か ハブル か ハフル 程度の事なんだろうけど。

Site powered by SCROSS NZ Ltd.