[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
23 31 1 32 92 89 80 113 98 49 57
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

野良犬の暮らせない町


オークランドの町並みの美しさは世界的にも結構上位にランクするのでは?

自分の敷地から道路までの間に芝生のグリーンベルトがあるし、市役所が木々を植えてくれるので見た目のほとんどが緑。電信柱にも宣伝看板が一切貼り付けられてないのでスッキリして見える。 

そんな住宅街でも毎週のゴミの日には雑然とする。これが画期的なゴミ箱。車が付いてるので別名ウィーリービンと呼ばれ、一週間分の家庭ゴミがすっぽり入る。

ごらんのとおり何でもガッポリ 車付きなのでガラガラと引っ張 ってくる


ちなみにニュージーランドでは分別ゴミ制度がおおざっぱで、一般ゴミ、ガラス+プラスチック、紙、の3分割で、一般ゴミには何でも入れれる。食べかす、電池、ナイロン袋、もろもろだ。回収された一般ゴミは埋立地に運び埋設、燃やしたりはしない。

紙以外のビンとプラスチックはブルービンに!


その他2ヶ月に一回のグリーンビン(緑)の回収がある。これは各家庭の庭から出るゴミだけを入れるビン(箱)で、切り取った木々の枝や、芝刈りの草、その他植物のすべてで、肥料やたい肥に再利用される。平均的な庭が広いので毎回これがほぼ満杯になってしまう。

グリーンビン、こんなに大きいのに一杯になってしまう


そして極めつけは粗大ゴミ回収。地区によって多少の差はあるが、1,2年に一回の粗大ゴミの日には町の風景が一変して、戦争映画の特撮見たいな感じになる。冷蔵庫からベットまで、ありとあらゆる粗大ゴミが出されるが、もっと驚くのは粗大ゴミの日まで置いとけるスペースが家にあることで、日本の家庭事情では保管不可能な量だ。

出るわ出るわ、こ〜んなにたくさん 無造作に出された粗大ごみ


きちんとした回収システムで、家の周りにはゴミ類が一切ない。ふた付きなのでカラス害や、腐った臭いもない。ウィーリービンのおかげで野良犬は食べ物にあり付けないのだ。

ウィーリービンは専用回収車でホイット!


秋を感じる季節になった。半そでから長袖、木々の葉も黄色っぽくなり始めた。

お化けススキ、トイトイも伸び放題の季節、秋の始まりだ

 

Site powered by SCROSS NZ Ltd.