[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
115 65 125 12 103 39 31 71 51 101 49
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

何でもかんでも北と南


当たり前の事だけど北半球と南半球は相違点が多い。太陽は東から西に沈むのは北も南も同じ。地軸が傾いているので北が夏の季節は南は冬になる。太陽の回りも北半球では南側で回るが、南半球では北側を回る。

ニュージーランドでは北向きの家が当たり前なのはこの理由による訳だ。日本やアメリカでは南向きのサンルームなんて洒落ている。

「北向きはきもちいい〜なあ!」


以前にも書いたのだが、現在では見当たらない古い電話機のダイヤル番号が反対回りだったのには驚かされた。また一時ブームになった「さかさ世界地図」はもう12,3年前のことだ。どこかに南北の違いが生活に出てくる。

そんな真冬のニュージーランドで最近新たに気が付いた小ネタがある。電機のスイッチが反対(下がオン、上がオフ)なんて小ネタでなく、

これがオフ これがオン


それは玄関から始まった。
ニュージーランドの玄関ドアは内開きなのだ。探してみるとトイレも、裏口も、寝室もドアはすべて内開き。

いらっしゃ〜い バイバイ また来てね


たしか日本は外開きだったと思う。色々考えたが理由が分からない。日本のマンションなんかだと内開きでは玄関が作れない。おそらく家の大きさによるスペースの問題なのだろう。

ほら、 トイレも内開き 寝室もそうなんだ


北半球は先進国が多い。長寿の人口が多い。戦争が多い。日本がある。
東と西の違いはそれほど無いのは地球が北と南を軸に自転しているからだろう。真夏の日本から一直線で真冬のニュージーランドを見てみるのも良いだろう。内開きのニュージーランド、雪が降りスキー場もオープンし始めた。

ヘリスキー、ゲレンデでは決して味わえない 山スキーが基本、ダイナミックな滑り

 

 

Site powered by SCROSS NZ Ltd.