[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
81 65 14 37 10 34 31 101 43 122 115
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

運転するには…


気づきもしないだろうけどニュージーランドは世界第二位の車所有国だ。
なんたって人口400万人に普通車が190万台もある。明らかに車社会である事の証明だ。

ラッシュアワー前でもすでにこんなにたくさん

車は安いし、税金等の維持費も安いうえ満15歳から運転出来る。アメリカが16歳から、それ以外の先進国は18歳なのに。
80年前頃にその理由があった。当時三分の一程度の人達は郊外や牧場での生活をしていて、当然ながら15歳程度の子供たちはすでに生活の中で運転しまくっていたのである。

車は汚くなるが牧場での運転が楽しいときもある

未熟な若者が大人になっていく段階に併せてニュージーランドでは段階的運転免許証制度を適用している。
その制度は3段階に分かれていて;
・ 初心者免許証 = Learner license
・ 制限付き免許証= Restricted license
・ 普通免許証  = Full license

初心者免許証 運転教習本

段階が上がる度に規則も証明書も替わり、責任も重くなる。
14歳になれば若者は必死に教習本をむさぼり、満15歳になって初心者免許を取るのを待つのである。35の筆記試験問題を32問正解すればいい。合格後はその場から運転出来るが、となりに普通免許証を2年間以上所有している人が同乗しなくてはならない。初心者マークも付ける。(L=Learnerの意味)

Lマークは色、サイズが決められている

"L"マークのはずかしめは最低半年は続き、次の段階へ行く為に速度コントロール、基本運転技術の試験を受ける。速度を55キロ以下でキープ出来ない人や、停止サインを無視したりが不合格の理由だ。苦労の末、制限付き免許証を取得すれば1人乗りが出来るが、夜10時から翌朝5時までは不許可、違反すれば$400の罰金(3万円程度)。

自動車連盟AA事務所で試験が行われる

最終の普通免許に進むには危険回避等の技術が求められる。25歳以下なら制限付きから18ヶ月で、25歳以上なら6ヶ月で受験可能だが、特訓コースを受ければその期間は半分ほどになる。従って最短コースを進めば17歳には普通免許が手に入る。
合計費用がたったの$282.30(約22,000円)が保持者の数を増やしている理由の一つ。

ヨークシャーのチョコ君もうんてんしたいなー

ニュージーランドの今は暴走族(Boy-racers)が盛ん、改造車に大金を注ぎ、スピードに酔う。来月はその辺をちょっとレポートしてみよう。

お金とスピードの狂宴が….

牧場の走りを撮りたい方、ただ走ってみたい方はまず連絡を
locations@cubicfilm.co.nz

 

Site powered by SCROSS NZ Ltd.