[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
69 88 67 87 93 108 26 59 73 6 107
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

お昼のご注文は!

数年前までニュージーランド人の大好物テークアウェイランチ(お持ち帰り用ランチなど) はマック、バーガーキング、ウエンディーかフィッシュアンドチップスだった。それが先日行われたオークランド地元紙の調査によると好まれるテークアウェーのほとんどがアジア系に取って替わられていた。
多くの屋台形式レストランが並ぶ"フードコート"

このような結果は別に驚く事は無い、と言うよりも当然なのだ。最近のアジア各国からの移民者の増加により全国各地に見られる現象で、都市部では顕著。
ここで言うアジア系とは、インド料理、マレーシア料理、タイ料理、ベトナム料理、日本食、中華料理などだ。さらに地元のスーパーマーケットでもアジア系食料品の陳列棚などが設けられるようになってきた。

NZでは"スシ"が大流行

調査結果によると、なんと31.6%の市民がアジア系の食べ物を好み、28.7%の人達がニュージーランドの一般的なフィッシュアンドチップスを食べる。ご存知のブランド物は残り物を分け合う形になり、マクドナルドなどのバーガー系が8.9%、KFCが5.8%、あとはスーパーなどで売られているパッケージランチ系となる。

ロウ細工でなく、写真入りフードコートの案内板

多くのニュージーランド人はこのように、肥満に関係するオイルを多量に使用するバーガーやフィッシュアンドチップスなどからアジア系を好むようになってきている。ダイエット専門家も健康に貢献していると発表している。このようなアジア系テークアウェイは野菜やご飯類をベースにしていてビタミンやミネラルも多い。                  

「マレーシア料理ちょうだい!」 「あいよ!」 ご飯、チッキン、それにカレールー

本当に喜ばしい変化なのだ。ランチの時間が来るのが楽しみな毎日!
美しいアルプスをバックにしてのロケ中にはこの様な健康的なランチを出しましょう。ご注文は? こちらに連絡をlocations@cubicfilm.co.nz

健康的なランチには自然が一番!

 

Site powered by SCROSS NZ Ltd.