[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
112 121 29 53 83 117 99 95 122 33 100
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

タネ マフタ

2世紀半ほど前から西欧人による植民地開拓が始まった。当時の北島、特に北部には原生林が広がり、多種の動物や植物が共存していた。もちろん植民者達が来る前から先住民族のマオリ族も住んでいた。
1000年ほど前から先住していたマオリ族は、原生林に生い茂るKAURI(カウリ)の木々がカヌーを作るのに適している事を発見した。彼らはさらに彫刻、集会場、住居などにも利用し、カウリの木からタレ落ちる樹液(琥珀)までも利用したのだ。カウリガム(カウリ樹液)は火をおこす為に使われ、プハという植物の樹液と混ぜてチューインガムのようなものまで発明していた。

カウリをくり抜いて作ったカヌー
植民地時代の学校もカウリ
もちろん学習机までもだ
こんなリビングルームもカウリ
家具にはカウリガムのニスが
いまでも光沢がある古い家具

先住民族のみならず、植民者もそろってカウリの木々を伐採していったのである。それは牧場開墾と時を同じくしていた。伐採したカウリは建築、家具資材として多くは海外にも持ち出された。樹液は西欧家具のニスの原料や、装飾品にも利用出来る為に、湿地帯や野山でも古い塊が掘り起こされていく。木々を失った丘陵は牧場と化していく。1900年代にはゴールドラッシュならず、カウリガムラッシュがあった。当時の写真は1917年代。

これらがカウリガム(カウリの木の樹液)だ。何千年たっても美しい光を放つ
ひたすら土を掘り起こす
木から直接採ったりもした
これは大きな塊だ
カウリは伐採され運ばれていく
当時は大きな産業でもあった
レールまでもが牽かれた

そんな乱開発に歯止めがかかったのは1952年。9千ヘクタールの北島北部ワイポーア森林地区が完全保護区に指定されたのだ。120万ヘクタールもあったといわれるカウリの森は現在推定で8万ヘクタールほどしかない。カウリは成長が遅い為、一度伐採されれば中々原生復活はままならない。ニュージーランド最大のカウリの木がワイポーア自然林保護区にある。その巨木で最大であるカウリの名前は「森の神/ゴッド・オブ・ザ・フォレスト」先住民族のマオリ語でTane Mahutaタネマフタだ。高さ52メートル、胴回り14メートル、樹齢1500年という。当時はこんな木々が生い茂っていたのだろう。

これが森の神「タネマフタ」だ

今ではカウリの木々は森林保護区以外でも完全に保護されている。個人所有の土地に生えていても伐採は出来ない。彼等はやっと安住の時を見つけたのだろう。 カウリの苗を植えて、森林復活させたい方は locations@cubicfilm.co.nz まで連絡を。

牧場をもう一度うつくしい森林に蘇らせたい

Site powered by SCROSS NZ Ltd.