[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
59 43 17 68 83 20 109 13 33 44 27
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

はっきりと答えられない

時々言われるのですが、「世界に国の数は幾つ?」って聞かれても、 これがまたいい加減な数しか知られてなくて170カ国であったり、200国以上だなんて言われたり。 

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
誰もが知るニューヨーク サボテンがあり、原色豊かなメキシコ ビーチありのハイチ

正確に知るにはちょっと勉強をしなくてはならない、例えば独立国であっても国連に 加入していない国があったり、また世界の大多数の独立国から認められていない国が あったりと何処まで数えていいのか分からない。政治的な話を抜きに答えを出そうと する場合、一般的に言われている全世界にある国の数は196カ国となる。なぜなら数字は 国連が発表する数字だからだ。 (October 2011 United Nations)

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
世界にはまだまだのんびりとリラックスできる場所がたくさんある

今月の新着情報はその196カ国の中から4カ国の写真をお見せする。何故4カ国かと問われると 答えるのが恐縮、ご覧のような写真でもお分かりのように、夢のような写真旅行の仕事を してきたからである。それも移動手段は建造費8億ポンド(約1千億円)の世界最大の 豪華客船だったからである。どこが世界最大かというと中々説明がしにくいので簡単な 数字やリストで納得して頂きたい。

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
後ろからみると20階立てビルだ 港では6000人もが乗り降り 両側の客室に挟まれた中央公園

 
どれくらい大きいか?
総トン数 225,282トン(世界的に有名なQE2の約3倍)
合計階数 20階
最大客数6,360人、 従業員1800人以上
客室数 2,706部屋
エレベーター数 計24基 など
 
消費されるもの?
毎日の水の消費量 235万リッター(大プール6個分)
毎日の生卵の消費量 83,000個
綺麗に見せるためのペンキの量 60万リッター

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
いくつかある劇場の一つ すばらしいアクアショー 24時間オープンのプロムナード

船内設備の数々?
バーの数37店舗、大カジノ、回りきれないほどのレストラン数
メインダイニング席数2700席
客席800人の大劇場
深さ5.5メートルもある水中ショープール
客席600人のアイススケート劇場
中央公園には12,000本もの生木が(93種類)
400メートルのジョッギングコース、サーフプール、フルサイズバスケット場、大ジム、 パターゴルフ場、ロッククライム壁、メリーゴーランドなどなど

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
一周400メートルのコース ボディーサーフプール 両側の壁にはロッククライミング

上記の施設等はほんの一部にすぎない。毎日が撮影とイベントへの参加で大忙し。 プールサイドでのんびりとは行かなかった。

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
史上初の船内公園 メリーゴーランドもある遊園地 高級レストラン、食事無料だが予約料金が

選択された4カ国(アメリカ、ハイチ、ジャマイカ、メキシコ)の写真を見ると本当に 美しい所ばかりだがわが国とは大きく異なる風景だ。ニュージーランドには美しい アンジュレーションのある緑の牧場地帯、万年雪が覆う南アルプス、透明な水が流れる 川、自然のままの海岸線、などリストにはきりがない。そのようなすばらしい ニュージーランドの風景を証明するかのようにニュースが飛び込んできた。
アメリカで発行されている映画産業の専門雑誌「P3 Update」が世界の映画 ロケーション地トップテンにニュージーランドを選んでくれたのだ。やはりと 言うか、納得したと言うか。

Cubic film December 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand Cubic film december 2011, New Zealand
海岸と言えば白い砂浜、テラスと言えば白いベランダ、客船となると白が基本。ロケは白がベースに。

我々は何時でも同じカリブに同行します。けれども同様なCMロケ、テレビ番組制作、 スチール撮影などをするならニュージーランドをお勧めする。世界広しと言えど ロケ地チョイスの豊かさでニュージーランドに勝る国はない。納得した方は locations@cubicfilm.co.nz まで連絡を。
 
皆様良いお年をお迎えください。2012年、ニュージーランドの地でお会いしましょう。

個人的ベストショット2011年。閉店していたニューヨークのバー

個人的ベストショット2011年。閉店していたニューヨークのバー。
逆光だったがドアのガラス越しに撮った一枚。
ミステリアスで光の交差が面白い。

All photos by Cubicfilm
 

→バックナンバーはこちら
 

Site powered by SCROSS NZ Ltd.