[キュービックフィルム] ニュージーランドのロケ テレビ 撮影 コマーシャル等映像制作プロダクション

CUBIC
98 13 77 87 93 90 72 97 103 78 88
 
Home
キュービック
最新お便り
過去のお便り
プロダクション
サービス
社歴
ロケ地サンプル
フォト
リンク
制作歴
レンズ前の人たち
お問い合わせ

1,339,724,852人

世界経済を30年ほどリードしてきたアメリカや日本などの先進工業国たち。
昨今のBRICs (経済発展が著しい途上国を意味する、ブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字) の持続的な経済発展は世界を動かしている原動力となっているのは皆さんご存知。
一方、長年に渡り経済成長を続けてきたアメリカや日本は前途多難で、特に日本は昨年ついに GDPで中国に抜かれ、現在の経済トップスリーランキングはアメリカ、中国、日本となりました。

China - Asia China - Asia China - Asia
おなじみ上海のテレビタワー 作る後から完売するアパート郡 オフィス街も林立する

特に著しい成長を続ける中国。今年の上四半期の国家税収は多少の成長率ダウンの影響か(前年同期比22.1%ダウン!)  わずか2,585,781,000,000元であった。ダウンしたとは言え数字を見てビックリした。 米ドルに換算して4,150億ドル、円貨に換算して33兆6千200億円というとてつもない数字なのです、たったの第一期四半期で。 ゼロが多すぎてケタ合わせに時間がかかるくらいで、ゼロの一つくらい桁間違ってもおかしくないほどの大きな数字。

China - Asia China - Asia China - Asia
超高級、超スペースの5星ホテル どこも超豪華ホテルが林立 ロビーには余裕の空間が

中国で、その経済成長の基盤になっているのが労働者達だ。彼らにはエネルギーがある。
上を見上げれば多くの夢を見れるし、努力を積み重ねていけば一段一段上に上がれる。
腹一杯になって、もう上がそれほど無くなってしまい、夢ももてない日本やアメリカとは大きく異なる点だ。 貧から富、下流から上流、下から上、そこには常に動くエネルギーが存在するはづで、まさしく現在のBRICsの民そのものなのだ。

China - Asia China - Asia China - Asia
一見貧しそうに見えるが皆笑顔だ ブルーカラーの住宅地は世界共通 上を見ながら頑張れ

2010年度発表の中国総人口はなんと1,339,724,852 (特別区の香港とマカオは2002年度統計使用) 14億人に迫る民が毎日食べて住んでいるエネルギーだけでも凄いと思う。そして彼らは毎日働いて製品を作り続けているのだから、税収の話の中に天文学的数字が出てくる訳だ。

China - Asia China - Asia China - Asia
新開発地区も図面上で売れている 50名分の平均年収が1台の高級車 町のあちこちに高級車が

これからも続くであろうBRICs各国の経済成長だが、見ているだけで良いのだろうか?
我々も可能であれば何かしらBRICs各国とビジネスを開拓してみたいと感じてしまう。
スタートラインはどこにでもある、ゴールラインのすぐ後にもスタートラインがある、決して遅くないのではと考えてしまう。

China - Asia China - Asia China - Asia
数年前の万博会場は今でも人気だ 高齢者は優雅に友人と遊んでいる 若いカップルにも余裕がある

急成長経済の起こる可能性があり得ない小国ニュージーランド。人口もなんとか450万人に達しようとしているが、インドや中国とは比較にならないほど全ての規模が小さい。
しかし、決して悲観的や負け惜しみでない、我々にはリラックスした生活スピードがあり、綺麗な空気があり、何より自由で、家族が一緒に住めて、そして安全な食べ物が手に入る。自然環境の中で多種に渡るスポーツが楽しめるのもニュージーランドならでは。
そんな住みやすい国、そのような自然環境下でコマーシャル撮影、ドラマ、番組などの制作を計画している方は locations@cubicfilm.co.nz まで連絡を。

おなじみニュージーランドの青い空の下、友人とサイクリング

おなじみニュージーランドの青い空の下、友人とサイクリング

©cubicfilm 2012
 

→バックナンバーはこちら
 

Site powered by SCROSS NZ Ltd.